【11月9日開催】社内講師スキルアップセミナー(オンライン)

知識・技術の指導を通じ意識と実践力を高める 教える人の「ストーリー」展開力

対象
人材育成担当者対象
  • 有料

コンセプト

本セミナーは、新入社員、中途採用社員、協力会社、社外関係先を対象に、自社知識、業務知識・技術の指導を担当される方のためのものです。

本セミナーでは、
□理念・方針、コンプライアンス教育
□ビジネス基礎教育(入社時教育、フォローアップ教育、キャリア教育など)
□自社の基礎的な専門知識・技術教育
など知識・技術の指導を通じ、意識の変化を促し実践力を高めていくための、カリキュラムの組み立てとメッセージの発信について学んでいただきます。

特に、参加者の意識を変え、実践力の向上を図るために有効な「ストーリー立てたプログラムの展開方法」を、すぐに指導に活かせるよう、ワークとフォローアップ・ワークショップを通じて実践的にご準備いただきます。

本セミナーのねらい

〔よくあるご要望〕
・講師としての教育を受けたことがないので、基本的なことを知りたい
・自分としては伝えたつもりでも、うまく伝わらないのはなぜか。アドバイスが欲しい
・代理店や協力会社社員向けの研修を担当しているが、成果につながるようにしたい
・研修参加者の満足度を上げたい
・研修参加後の実践度合いを高めたい

〔本セミナーで得られる成果〕
・参加者のやりがいや達成感につながる研修構築の全体像が理解できます
・担当する研修のカリキュラム構成の見直しポイントが分かります
・講義の構成と伝えるべきメッセージの組み立てが具体的に見直せます
・社内講師(知的コミュニケーター)としてのリーダーシップの発揮ポイントがわかります
・他社の社内講師との交流が図れます

進め方の特徴

全体で4つのステップで確実にレベルアップを図ります。
STEP1:事前ワーク
STEP2:1日セミナー
STEP3:ご自身のカリキュラムとキーメッセージの見直し
STEP4:フィードバック・ワークショップ(2時間)にてアドバイス
(フィードバック・ワークショップの日時は、ご参加者のご希望を伺い調整いたします)
①見直したカリキュラム ②キーメッセージ部分のデモ講義

参加対象

社内で専門知識・技術の指導を担当する方
(開発部門、研究部門、営業部門などの育成担当者および、支援部門の方)
理念浸透担当者
新人~若手社員研修を担当する方
コンプライアンスや行動規範など、社内の基礎的知識の指導をする方
人材育成力を高めたい方
当テーマにご関心ある方

プログラム

・オリエンテーション[参加者自己紹介]

1.価値観が多様化する時代の講師の役割[講義]
・多様な人に指導していくために
・指導者から知的コミュニケーターへの変化
・これからの社内講師が身に付けたい能力

2.ストーリー性ある研修構築の考え方[講義・個人ワーク・共有]
・研修とは何か
・ストーリー性ある研修を構築するために
-オープニング→メイン→エンディング パートごとの役割とポイント
・重要なことを浸透し実践を促すための「基軸」
-基軸とは何か
-基軸の作り方
-参加者の意識と行動変容を促す要素

3.印象に残す話の組み立て方・伝え方
・創業者や功績者の想い/自社の歴史/ミッション・ビジョン・方針/製品・サービスを自分の言葉で語るために
・メインパートの「キーメッセージ」と「ストーリー」の構築

フォローアップ・ワークショップに向けて

フォローアップ・ワークショップ
・4名様程度を1グループの少人数制で実施します。(ご希望日をもとに調整します)
・10分前後のデモセッションを行っていただきます。
・デモセッションについて、参加者と講師からフィードバック・アドバイスをいたします。

PDF
講師

カリキュラム構築コンサルタント水野浩志氏
株式会社マイルストーン代表取締役
(Six Stars Consultingパートナーコンサルタント

自ら開催する「自己変革セミナー」で、参加者に行動変容を起こすための指導法を確立。その結果、参加者の80%が48時間以内に自らが決めた新習慣を行動に移すセミナーとして注目される。
その後、その指導法の運営ノウハウを体系化し、「高品質セミナー作成講座」をリリース。
プロとして活躍するコンサルタントや著名講師より、高い評価を受ける。
現在は、研修カリキュラム構築に関するアドバイス、企業経営者の組織活性化に関するコンサルティング、また、企業内で活躍するリーダー世代を対象とした「リーダーシップ研修」の講師として活躍中。
担当した研修では、参加後、講師に実践結果や進捗メッセージを伝える参加者も多い。

メディア実績
人材開発情報誌『企業と人材』
「リーダーのための自分も職場も元気にする仕事術」連載を担当。
著書
『「やめたいのにヤメられない!」がスパっとやめられる10秒日記』
『結果を出す人の勉強法』こう書房刊
『口下手でもできる!人の心を打つトーク術』梧桐書院刊

日時
2021年11月9日(火)9:30~17:00
会場
オンライン
定員
16名
参加費
4万円(資料代・フォローアップワークショップ参加費・税込)
※特典※
人材育成担当者様のための小冊子をプレゼントいたします。
人材育成担当者様対象の無料セミナーに優先的にご案内します。
弊社主催セミナーに10%割引にてご参加いただけます
お申し込み方法はこちら

ご参加者の声

セミナー参加アンケート「一番役に立つと思ったこと」より

コメント 業種
「経験談」の組み立て方
自分では全然つまらないと思っている経験が、実は非常に価値があることを演習を通じて実感できたこと。
経験談を話すと自ずと熱が入り、語りに一気に血肉が通い始め、受け手の感情を揺さぶり行動変容を起こしやすいことが見事に体験できました。
大手輸送機器
製造業
ブロックリーダー
NT様
「役に立つ」という意味では今回教わった内容は数知れないほどの役に立つことを教わりましたが「研修構成法」は今後すぐにでも活用したいと思います。 大手化学製造業
人財開発担当
研修を実行するにあたり、内容や上手く喋ることばかりにとらわれていましたが、一番自分が伝えたいことは何のか、会社が伝えたいことではなく、自分が深く考察し参加者の気持ちにはたきかけるような愛情を出せるか、自分の人生観を考えるよいきっかけになりました。 大手住宅メーカー
人事主任TH様
研修を組み立てるにあたっての「考え方」や、取り組み方など、現在弊社でやっていることが間違っていなかったことが確認でき、それが自信につながったと思っております。
また、他社で同じ仕事をされている方の生の声を伺うことができ、同じようなことに悩んだり、私の知らないお話なども聞けて、非常に有意義な時間になりました。
化学素材製造業
人材育成担当
MH様
研修カリキュラム構築の具体的プロセス(もう1日あってもよかった) 医療機器製造業
人事マネジャー
研修の進行は受ける側との関係づくりが重要だということ。 倉庫業 NK様
知識や情報をもとに、感情が変化することで、初めて行動変容が生まれる。
そのために、参加者視点を意識しながら義務感が生まれないように自分のビジョンを考えてもらうことで、参加者自身の変容が確認できる。
また、講師としては「あり方」の3要素が重要。
倉庫業 HM様
「講師としての影響力の発揮」ここは本当に人に変わってもらいたいと願う時にどうすべきかという事を、どの立場ででも実践できる、基本にしなくてはいけない考え方だと思いました。
「研修前の事前把握のプロセス」は、参加者に先入観やネガティブな感情を持たないで参加してもらうためにどうしたらいいか、と、いつも悩むところでしたが、研修前に参加者との信頼関係を築く、という視点が大事であることがわかりました。
高齢者施設運営
教育担当者
上司に勧められ参加しましたが、参加してよかったです。
つい知識や情報を伝えることに重きを置きがちですが、参加者自身が自ら変わりたい気持ちになるためには、参加者の状態を考慮して研修を組み立て、メッセージを選択することが重要だとわかりました。今後実践していきます。
人材育成サービス業インストラクター

開催実績

2015年12月
2014年12月

※各開催実績のPDFをダウンロードしてご覧になれます。

企業内研修への展開例

管理職、リーダー対象
・リーダーシップマインド醸成研修
・聞き手の心をつかむプレゼンテーション力向上セミナー
若手社員対象
・セルフリーダーシップ研修
社内講師
・社内講師育成セミナー

お申し込み方法

■本サイトからお申し込みの方

  1. お問い合わせページより、お問い合わせ内容の、
    □「セミナーへの参加希望」欄にチェックをお願いします。
  2. 『ご要望記入欄』に「セミナータイトル(または日時)参加希望」とご入力ください。
  3. 下段の、必須項目をご入力ください。
  4. 『確認画面』をクリックしてください。
  5. 確認画面が表示されます。『個人情報の取り扱いの同意』を確認いただき、
    「はい」とご同意の上、『送信』をクリックします。
  6. 「送信処理が完了しました」の画面が表示されます。
    こちらでお手続き完了です。
    完了後担当者より、参加確認のご連絡を致します。

■FAXでお申し込みの方

  1. 当ページ上部プログラム内のPDFをダウンロードください。
  2. PDFファイルの申し込み欄に必要事項を記入ください。
  3. FAXをいただきました後、担当者よりメール(または電話)にてご連絡申し上げます。

その他、企画のご希望、ご質問、講師への取材のお問い合わせにつきましては、下記にて承ります。
連絡先:(045)222-0737
※担当が不在の際は、折り返しご連絡申し上げます。