【開催報告】~理念の実践・啓蒙編~横浜ドラッカーマネジメント研究会

2020.11.12 インナー☆ブランディングオンラインセミナーマネジメント研究会(はまドラ)

Six Stars Consultingでは、経営者、人材育成ご担当者様、マネジャー、リーダーなど、経営に携わる方を対象に継続的にマネジメントを学ぶ機会をご提供する「横浜ドラッカーマネジメント研究会」を開催しております。

2020年11月7日に「激変期を機会に変えるマネジメントセミナー 第3回 理念の実践・啓蒙編 末広がりのいい会社・いい人生・いい世界をつくる 地域で育む美日常」を開催いたしましたところ、ご参加くださった皆様より多くのフィードバックをいただきました。今回はお二人の方を紹介します。
【当日の概要】

1)木下豊さんの前半生
2)「理念」とは何か
3)「理念」の実践例
・伊那食品工業
・小布施町
・小布施牧場

【参加者ご感想】
お一人目は、マーケティングの専門家として活躍されている平賀敦巳様より、マーケティング視点で次のテーマで2日間にわたってnoteに掲載いただきました。
11月7日 小布施町の「結果観光」という考え方
11月8日 良いモノを作るのが先か、良い客を探すのが先か
平賀さんは、旬な情報を毎日noteで紹介されています。マーケティングだけでなく、セルフマネジメントに関する情報も豊富に掲載されています。日常の風景の中に溶け込んだ事象を、第一線のプロフェッショナルな視点で分析し、現場で応用しやすいように紹介されています。是非、チェックしてみてください。

お二人目は、IBM時代は事業部長として新規開拓を。アマダでは既存顧客との取引を深める営業活動を展開され、オルタナティブ・ブログ「レジェンド営業塾」の執筆者として活躍されている営業コンサルタント竹内雄司様より、Kindleから出版予定の『コンタクトレスで新規顧客を獲る時代~オンライン営業をトランスフォームする』のあとがきに、セミナーの概要を掲載したいという連絡をいただきました。

当日お伝えした「理念」を端的にまとめてくださっています。(掲載許可をいただきました)

**********************************
本書の原稿書きも終盤を迎えた11月7日

「はまドラ」主宰の原田さんからWebセミナーのご案内をいただき参加させていただいた。

「はまドラ」は「横浜ドラッカーマネジメント研究会」の略称で、原田さんは人材育成事業のSix Stars Consultingの代表。

テーマは「理念経営」で講師は長野県小布施町で出版社の文屋を営む木下豊さん

長野県の伊那市で伊那食品工業と小布施町の理念経営の事例が紹介された。

共通点は社員の幸せや町の住民の幸せを追求した理念であった。

伊那食品工業は売上200億円従業員475名の「かんてんぱぱ」のブランド名で有名な会社。

理念を「いい会社をつくりましょう~ たくましく そして やさしく ~」社員の幸せを追求する「年輪経営」を掲げ60年以上実践している。

「社員の幸せを図りながら、世の中に出来る限りの貢献をする」である。

社員の成長の総和が会社の成長という考え方で1958年創業以来増収増益を続けている。コロナ禍の今期もボーナスを昨年対比で増額支給されたとのこと。

小布施町は 美日常という町の住民の幸せのために美しい街並みを作るという理念で街づくりを行なってきた。

今日の小布施町の繁栄は観光戦略のためではなく住民の幸せのための結果であるとのことを知った。

理念経営の考え方は自分、家、社会に置き換えても共通することではないかという木下さんのお話は心に響いた。

伊那食品工業も小布施町も一貫して「心底成し遂げたいこと」を「世の中のためになる」「一つの中心点を軸に楕円形に広がる」ことを追求して来られたと言う話だった。

たまたま11月7日は筆者の誕生日で「はまドラ」Webセミナーは何より嬉しいプレゼントとなった。

木下豊さんのお話を聴きながら本著が心底成し遂げたいことが何でそれが世の中のために少しでもお役に立つのか?想いを馳せた。
**********************************
今後もお役に立つ情報発信に努めてまいります。

なお、本セミナーテーマにて、講演や研修などの企画も承ります。
お気軽にお問合せください。
連絡先:(045)222-0737