「情報整理」×「図解」による文書コミュニケーション力アップ

IT技術者など高度かつ専門的な情報を的確に伝え生産性を高めるための基礎力醸成

対象
一般対象
  • 有料

コンセプト

テレワークが推進され、社内での会話を控える必要がある今。業務はメール、チャット、コラボレーションツールなどを中心に文書でやり取りされます。
しかし、文書ではうまく通じない部分が残り、確認が増える、認識がズレる、見落とす、気持ちが伝わらないことなどにより、手間やミスが増えたり、人間関係がギクシャクしたりといった問題が起きます。

では、なぜ文書は伝わらないのでしょうか?

その原因は、
・伝えたいことを整理する習慣がない(方法を知らない)
・同じ言葉を書き手と読み手で違う解釈をしている
・「わかっている」という思い込みで必要な情報が省かれている
・読み飛ばす(わかるところだけ読む)
・文書を理解するのが苦手(イメージがしづらい)
などがあげられます。

ではどのような対応をとればよいのでしょうか?

実は「伝わる文書」は、書き手側のスキルトレーニングで向上します。

スキルトレーニングとはどのようなものでしょうか?
ポイントはたった3つです。
①書かれた文書(あるいは考えたことを文書にまとめたもの)をG/P/Sの視点で整理する
②整理した情報をもとに順番をつける、あるいは、図表をつくる
③文書や図表に「ラベリング(見出し)」をつける

整理する際に、ビジネスシーンで頻出するパターンをもとに整理すると、より早く、確実に整理ができ、考える時間を削減できるため、生産性はさらに向上します。

本セミナーでは、「伝わる文書」作成のための3つのポイントをトレーニングにより習得いただきます。

本セミナーのねらい

ビジネスにおける文書作成においてきわめて重要なのは、
「短時間で、複雑な情報を、正確かつ、ピン!とくるように伝えること」です。

本セミナーでは、伝えるべき情報を論理的に整理整頓し、モレなく・ダブりなく組み立てる思考整理の技術を、演習を通じて、短時間でわかりやすく、実践的に身につけます。
1)情報リテラシー(読み・書き)能力の基礎を鍛えます
2)発想したことを論理的にまとめる力の基本を体得します
3)状況に合った図解パターンの使い方を学びます

進め方の特徴

繰り返し実践することでスキルアップを確実に図ります
Step1―事前ワーク:例題に取り組み、事前提出いただきます
Step2―セミナー当日
・例題へのフィードバックをし、押さえどころを把握します
・演習を繰り返し行うことで、着実にスキルアップを図ります
Step3―事後ワーク
①研修窓口ご担当者様への報告書の提出
②一定期間を設け、演習に取り組み。後日、講師より参加者全体に向けてフィードバック。

セミナー当日の進め方
〔講義〕→〔演習:個人ワーク〕→〔演習:参加者同士の意見交換〕→〔講師フィードバック〕
トレーニングを中心とした参画型の運営スタイルです。

実施形態
Zoomを使ったオンライン配信

参加対象

・文書整理技術の基本を身につけたい方
(実務経験3年程度の若手社員以上)
・文書整理技術を、部下や後輩に指導したい方

プログラム

1.複雑な情報は文章だけでは通じない
【例題①:事故原因を解明するための報告書】

2.文章を書く前に論理構造を把握しよう
【例題②:メールでの業務連絡】

3.複雑な論理構造を伝えるには図解が必要

4.論理構造の基本はG(Group)/P(Parallel)/S(Summary)

5.長い文章は分解してラベルをつける

6.カテゴリーラベルとサマリーラベルを区別する
【例題③:打合せ記録】

7.入れ替え可能なラベルをつけてはならない

8.定型的なパターンを考えよう

8.1事実・解釈・方針・影響のパターン

8.2問題・目標・原因・施策のパターン

8.3フロー&コメントのパターン

8.4機能・効果・目標のパターン
まとめ

PDF
講師

開米 瑞浩氏
アイデアクラフト 代表
Six Stars Consulting(株) パートナーコンサルタント

IT技術者の仕事を始めてプログラミングに明け暮れる日々を過ごすかたわら、技術情報をビジュアルにわかりやすく表現する方法を求めて個人的に研究・試行錯誤を重ねる。
その経験をもとに IT専門誌に連載した記事が大人気になったことから、「読解力・図解力」を軸に文書化能力の向上を図る、独自の研修プログラムを企画し、企業研修を始める。

2003年からアイデアクラフトの屋号で「文書化能力」、「教える技術」の研修を行っている。
講師紹介動画はこちらをクリック。

【著書(多数)】
エンジニアを説明上手にする本
エンジニアのための伝わる書き方講座
図解 大人の「説明力」
エンジニアのための図解思考 再入門講座
頭のいい教え方すごいコツ!
ネーミングの掟と極意
ITの専門知識を素人に教える技
仕事が10倍速くなる最強の図解術
最強のビジネス図解ワークブック
SEのための図解技術
90分で学べるSEの思考術   など

日時
2020年10月23日(金)13:00~17:00
※お申し込み締切 10月19日(月)
会場
オンライン(Zoom)
定員
20名
参加費
1万5千円(税・資料代込)※資料は事前に送付いたします
お申し込み方法はこちら

開催実績

「内発的動機」のメカニズム 2017年8月
ドラッカー流「フィードバック」 2016年8月
理念浸透 2014年8月

※各開催実績のPDFをダウンロードしてご覧になれます。

企業内研修への展開例

ご希望のテーマにて講演会や階層別教育向けにカスタマイズしご提供しております。

その他

【お申し込み方法】
お申し込みページ、または、お電話より承ります。

【お申し込み後の対応】
お申し込み後、担当者より確認のご連絡をいたします。
その後、
お申し込み後、メールにて事前ワークをご案内いたします。
セミナー1週間前に、受講者様用テキストをお送りいたします。

お申し込み方法

■本サイトからお申し込みの方

  1. お問い合わせページより、お問い合わせ内容の、
    □「セミナーへの参加希望」欄にチェックをお願いします。
  2. 『ご要望記入欄』に「セミナータイトル(または日時)参加希望」とご入力ください。
  3. 下段の、必須項目をご入力ください。
  4. 『確認画面』をクリックしてください。
  5. 確認画面が表示されます。『個人情報の取り扱いの同意』を確認いただき、
    「はい」とご同意の上、『送信』をクリックします。
  6. 「送信処理が完了しました」の画面が表示されます。
    こちらでお手続き完了です。
    完了後担当者より、参加確認のご連絡を致します。

■FAXでお申し込みの方

  1. 当ページ上部プログラム内のPDFをダウンロードください。
  2. PDFファイルの申し込み欄に必要事項を記入ください。
  3. FAXをいただきました後、担当者よりメール(または電話)にてご連絡申し上げます。

その他、企画のご希望、ご質問、講師への取材のお問い合わせにつきましては、下記にて承ります。
連絡先:(045)222-0737
※担当が不在の際は、折り返しご連絡申し上げます。