Mail Magazine Contact Home

リーダーシップ研修

このような課題を解決したいとお考えのご担当者様

  • 将来、部・課の運営を担える人材を育成したい。
  • 新規事業やプロジェクトを推進できる人材を育成したい。
  • 職場を活性化できるリーダーを育成したい。
  • リーダーシップの基礎力を醸成したい。

本研修で目指す成果

  • リーダーとしての役割を認識できます。
  • リーダーとして必要な人としての幅や深み、考え方、行動の元となる自身のビジョン・ミッションを明確にします。元となる自身のビジョン・ミッションを明確にします。
  • 職場においてリーダーシップを発揮する上で直面する自身の課題、メンバー指導上の課題の乗り越え方を学びます。
  • 多人数のメンバーに影響を与える、リーダーとしての表現力を向上します。
  • 社内の組織の壁を越えた繋がりを醸成します。
セルフリーダーシップイメージ

研修概要

対象 経営幹部候補、リーダー層、今後の成長を期待されている方
新規事業開発担当者、プロジェクト推進者 他
導入タイミング 階層別研修(管理職昇格前、後)、テーマ別研修、事業部門課題解決研修
実施日数 2日間※ご希望に応じてフレキシブルに対応いたします
運営最適人数 12〜16名
運営スタイル 4名でのグループ討議形式 ※参加対象によりフレキシブルに対応いたします
運営環境 ホワイトボード 2面をご準備いただけると効果的です
講師 株式会社マイルストーン 代表取締役 水野 浩志 氏
事前課題 事前アンケートがあります

研修概要

  1日目 2日目
AM

運営は、個人検討、グループ討議など、実践的に進めていきます。

自己PR実習1

  • リーダーへの期待
  • リーダーとして、ビジネスを再定義する
  • リーダーとしての視点を養う
    • 過去/現在/未来
    • 人を思いやれる心
    • 物語と伝える力

自己PR実習2

  • リーダーとしての課題解決力を身に付ける
    • 日常ですぐに出来る課題解決の考え方
    • 経験を生かした部下の指導
    • 部下の課題に向き合ってみよう
      STEP1:部下育成の課題を考える
      STEP2:部下指導の失敗パターンを分析する
      STEP3:部下を認めるメッセージを作り出す
PM
  • リーダーシップを発揮するには?
    • リーダーシップとは?
    • セルフリーダーシップとは?
    • セルフリーダーシップとモチベーションの違い
    • リーダーとしてのビジョン/ミッションづくり
  • リーダーとしてのビジョン・ミッション・行動計画
    • 部下に伝わるビジョン/ミッションを作ろう
    • 部下によい影響を与える行動習慣を決めよう

自己PR実習〔発表〕

プログラム応用例

目的にあわせて日数、同テーマで違った運営形態、他テーマとの組み合わせなど、柔軟に対応いたします。ご希望を遠慮なくお知らせください。

  • 昇格前後の研修として実施し、実践後の取り組みフォローも含めてご提案
  • 選抜社員研修として実施し、関連テーマと結びつけ、体系的にリーダー育成研修としてご提案
  • 新規事業プロジェクトなど、社内施策と連動させ、実践を重視したワークショップとしてご提案

参考:セルフリーダーシップの考え方

お問い合わせはこちら

お問い合わせは、お電話、お問い合わせフォームから承ります。

電話でのお問い合わせは、(045)222−0737まで。平日9:00〜19:00の間で承ります。

お問い合わせフォームをご利用の方は、
  • 「お問い合わせ内容」欄の、「お問い合わせ方法」の会社資料/プログラム等資料希望欄にチェックを入れてください。
  • ご要望記入欄に、プログラム名「リーダーシップ研修プログラム希望」とご記入下さい。プログラムが複数になる際は、お手数をおかけ致しますが、必要なプログラム名を全てご記入下さい。
  • お客様の情報をご記入いただく欄に、必要事項をご記入下さい。
    ご記入後、確認画面が現れます。内容を再度ご確認下さい。
    ※メールマガジンをご登録いただきますと、ビジネスに役立つ情報やセミナー等の情報が定期的に配信されます。
    また、弊社コンサルタントの書籍をプレゼントしております。是非、ご登録下さい。
  • 個人情報に関する同意画面を確認いただいた後、同意欄にご同意いただけますと、メールが送信されます。
    メールが確認されました後、担当者より折り返しご連絡いたします。
    ※メールでのご連絡の場合は、確認まで時間がかかるケースがございます。
    お急ぎの際は、電話でのお問い合わせをお勧めいたします。