社員の「自発性」「積極性」を引き出すには

Six Stars Consulting 原田由美子です。
横浜は7月中旬頃まで「この暑さが夏いっぱい続くのか~」とげんなりするほどの猛暑が続いておりました。しかし、ここ最近は曇りや雨の日が多くなり、いくぶん涼しくほっとしています。

皆様の地域はいかがでしょうか。

さて本日は、8月23日に開催するセミナーのご案内を兼ねて、
社員の「自発性」「積極性」を引き出す「メンタルトレーニング」について紹介します。

「メンタルヘルスケア」と「メンタルトレーニング」の違い

2000年代に入ってから「心の健康」に注目が集まり、2015年から「ストレスチェック制度」が施行されました。皆様の組織でも取り組みが進んでいるのではないでしょうか。

「メンタルヘルスケア」は、心がマイナスの状態に傾いていないか、それを確認し対策をとるもの。マイナスをフラットな状態にもってくるのがその役割です。

一方、組織では「プラスα」にするための取り組みも必要としています。

社員の「やる気」を高め、前向き、自発的、積極的に行動してほしいという希望があるからです。

「メンタルヘルスケア」は、
「マイナス→フラットな状態に」

組織のニーズは、
「フラットな状態→プラスに」

ここにギャップがあります。そのギャップに対応する方法はないだろうか。
そんなニーズに対応できるのが「メンタルトレーニング」です。

「メンタルトレーニング」の歴史
「メンタルトレーニング」と聞くと、多くの方はスポーツを思い浮かべることでしょう。

しかしもともとは「宇宙飛行士のトレーニング」が起源だそうです。

未知の状況の中で、不安、ストレス、プレッシャー、など心理的不安をコントロールするために、1950年代初頭に旧ソビエト連邦で開発されています。

そしてソ連は、宇宙飛行士に対して行ったトレーニングが一定の成果をあげたため、1957年からオリンピックのトレーニングプログラムとして取り入れました。すると、1960年ローマオリンピックで総メダル数103個(2位のアメリカは71個)と圧倒的な成果をあげました。

この結果に衝撃を受け、アメリカを中心に研究と実践が進んでいきます。そしてアメリカは、1984年のロスアンゼルスオリンピックで総メダル数174個(但し、東側諸国不参加という事情もありますが)を獲得。

この結果を見て日本では、1985年から「メンタルトレーニング」の研究と実践が行われるようになってきたそうです。

ビジネスで注目される「ビジネスメンタルトレーニング」
環境が変化しやすく、一人ひとりの負荷が大きくなっているビジネスの現場で働く人は、多くのストレス、プレッシャーにさらされています。

ストレスやプレッシャーが過度になりすぎていないか、それを早期に発見し、対策をとるのが「メンタルヘルスケア」です。

しかし前述の通り、それでは日々求められる成果に対してアプローチしきれません。

「前向きな気持ち」
「自発性」
「積極性」

こうしたものを鍛える方法がないだろうか。

そこで注目を集めているのが「ビジネスメンタルトレーニング」です。
その理由は、ポジティブな感情をつくり、維持するための考え方・行動の仕方に体系的にアプローチできるからです。

「内発的動機」を理解することの重要性
それではどのようにアプローチしていくのでしょうか。

ポジティブな感情をつくる上でのスタート地点。

それは、一人ひとりが
・自己理解(自分の心の状態を知ること)

・自分の未来像(理想の自分)
を明確にすること。

一方、組織で活動では、
・組織目標
が中心になり、「本当の意味で自分が望むこと」が曖昧になります。

曖昧なままでは、一人ひとりの本来の力が発揮できません。

しかし、多くの組織では「本当の意味で一人ひとりが望むこと」を考えさせることに、恐れ、抵抗があります。その理由は、社員一人ひとりの希望は聞ききれない、離職につながるのではないか、あるいは、「漠然と不安」という感情があるからです。

そこで必要なのが、
「人のやる気」=「内発的動機」

・人が「やる気」になるとはどういうことか
・「やる気」をどうやってつくり出せばいいか
・「やる気」はどうやってコントロールすればよいか

といった根本の働き(メカニズム)を理解することです。

そこでSix Stars Consultingでは、
スポーツおよびビジネス分野のメンタルトレーナーとしてご活躍中の大儀見浩介氏の協力のもと、「ビジネスメンタルトレーニングプログラム」のご提供をスタートしました。

そのご紹介セミナーを以下の日時で開催いたします。**************************************************************
90分でも実施できる!管理職・リーダー研修
「内発的動機」のメカニズム
~心を鍛えれば変わる未来創造で持続成長組織づくりのアプローチ~

日時:2017年8月23日(水)14:00~16:30
会場:東京国際フォーラム G棟 G510
参加費:無料
対象:経営者、人材育成ご担当者様(1社2名様まで)※ご同業の方のご参加はいただけません
定員:60名(先着順に受付。定員になり次第締め切り)
参加特典:(1)講師著書『勝つ人のメンタル』日経プレミアムシリーズ(2)心理的競技能力診断「Dipca,3」体験詳細とお申し込みはウェブサイト↓↓から。
http://www.six-stars.jp/seminar/introduction.html
**************************************************************

お一人でも多くの方のお役に立てば、とても嬉しいです。ぜひ、ご参加ください。
※「メンタルトレーニング」の解説は、『勝つ人のメンタル』を参考に紹介しております。

コメントを残す